コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本郷亘 ほんごう わたる

2件 の用語解説(本郷亘の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本郷亘 ほんごう-わたる

1645-1725 江戸時代前期-中期の発明家。
正保(しょうほ)2年生まれ。因幡(いなば)鳥取藩士。藩主の乗り物を考案したほか,地雷火や水雷などをつくる。また灌漑(かんがい)用の水樋(みずとい)の改良などもおこなった。享保(きょうほう)10年10月死去。81歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。通称は又八郎,伊勢右衛門,のち和多利。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

本郷亘

没年:享保10(1725)
生年:正保2(1645)
江戸前半期の発明家。播磨(兵庫県)の出身。鳥取藩に仕え,生活用具や武器などに,種々の工夫と発明を行って名を上げたが,水路,かけい,井戸からの導水など,土木工事的な分野でも才能を発揮した。のち江戸詰めになった際に,竜吐水という,手押しポンプ発明以前の消火器の改良に功績があった。

(村上陽一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本郷亘の関連キーワード浅井元秋内田雪山河曲一蜂古筆了音斎藤雇繒仲上法策西俣因悦本郷登都又平吉田慎斎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone