コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本間素当 ほんま もとまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本間素当 ほんま-もとまさ

1786-1841 江戸時代後期の歌人,武士。
天明6年11月1日生まれ。肥後熊本藩士。使番,江戸留守居などをつとめる。江戸で一柳千古(ひとつやなぎ-ちふる)に歌道を,長瀬真幸(まさき)に国学をまなぶ。同藩の中島広足(ひろたり)と親交があった。天保(てんぽう)12年1月8日死去。56歳。通称は忠助。著作に「新学考加難」,歌集に「本間素当家集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

本間素当の関連キーワード三浦梅園田沼時代江戸時代(年表)天保の改革徳川家治フリードリヒ大王ベニョフスキーベニョフスキーシェースの反乱徳川家治

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android