コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琥珀色 こはくいろ

色名がわかる辞典の解説

こはくいろ【琥珀色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「くすんだみの」としている。一般に、琥珀のような黄色みを帯びた茶色のこと。琥珀は地質時代のマツ科植物の樹脂が化石化した鉱物で、半透明の固体。古代から宝石として飾りに用いられた。ウィスキーを琥珀色と表現した広告コピーがあったように、透き通ったイメージがある。英名のアンバー(amber)も琥珀色を意味する。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こはく‐いろ【××珀色】

琥珀のような半透明の黄色、または、黄褐色。「琥珀色の液体」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こはくいろ【琥珀色】

琥珀の色。透明ないし半透明の、赤みをおびた黄色。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

琥珀色の関連キーワード環境JIS学校用家具国際計量計測用語JISJIS漢字水準旧JISJIS X0221マンセル表色系新JIS試薬

琥珀色の関連情報