朱絃舎浜子(読み)しゅげんしゃ はまこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朱絃舎浜子 しゅげんしゃ-はまこ

1882-1937 大正-昭和時代前期の箏曲(そうきょく)家。
明治15年生まれ。4歳のとき小出勾当(こうとう)に入門。のち京極流鈴木鼓村(こそん)にまなぶ。大正12年ごろ朱絃舎をひらいて箏曲をおしえる。坪内逍遥楽劇新曲浦島」中の段,九条武子の舞踊詩「四季」の秋の歌などを作曲した。昭和12年3月死去。56歳。本名は荻原浜子

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android