コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫化水銀 りゅうかすいぎんmercury sulfide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硫化水銀
りゅうかすいぎん
mercury sulfide

(1) 硫化水銀 (I) ,硫化第一水銀  Hg2S 。黒色の固体。第一水銀塩の水溶液に硫化水素を通じると得られるが,不安定でただちに硫化第二水銀と水銀に分解する。
(2) 硫化水銀 (II) ,硫化第二水銀  HgS 。赤色のものは朱で安定であり,天然には辰砂として産出する。緋赤色の粉末あるいは塊で,光に当ると黒変する。約 250℃で褐色,さらに熱すると黒色になるが,冷却するともとに戻る。水に不溶。プラスチック着色剤,封ろう,赤色顔料として使われる。黒色種は,黒色ないし灰黒色の重い粉末で,無臭,無味,無定形物質。水に不溶,希酸と反応しない。ゴムなどの着色顔料として使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

りゅうか‐すいぎん〔リウクワ‐〕【硫化水銀】

水銀の硫化物。
硫化水銀(Ⅰ)。不安定で、常温の水溶液中でただちに分解し、硫化水銀(Ⅱ)と水銀とになる。化学式Hg2S
硫化水銀(Ⅱ)。黒色または赤色の固体。天然には辰砂(しんしゃ)として産出し、黒色のものは昇華により安定な赤色の粉末に変わる。赤色のものは顔料に用い、(しゅ)とよぶ。化学式HgS

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうかすいぎん【硫化水銀 mercuric sulfide】

化学式HgS。1価の水銀の硫化物Hg2Sが存在するという明確な証拠はない。融点1450℃(120気圧),1気圧では583.5℃で昇華する。赤色と黒色の2形がある。(1)赤色α形水銀 天然にはシンシャとして産し,これは水銀の主要鉱物である。酢酸水銀,チオシアン酸アンモニウムの熱氷酢酸溶液に硫化水素を通じてつくる。また水銀を五硫化カリウムK2S5の溶液と加熱したり,水銀と硫黄とを直接反応させても得られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りゅうかすいぎん【硫化水銀】

普通は、硫化水銀(Ⅱ)をさす。化学式 HgS 水銀塩水溶液に硫化水素を通じると沈殿するものは黒色である。天然には赤色結晶状の辰砂しんしや・丹砂などとして産出。赤色のものが安定で、朱と呼ばれて顔料に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硫化水銀
りゅうかすいぎん
mercury sulfide

水銀の硫化物で、一価および二価水銀の化合物が知られている。
(1)硫化水銀() 塩化水銀()Hg2Cl2に-10℃以下で硫化水素を作用させると黒色、不安定な粉末として得られる。化学式Hg2S、式量433.2。常温の水溶液ではただちに不均化して、
  Hg22++H2S→Hg+HgS+2H+
のように分解する。
(2)硫化水銀() 赤色の安定なα(アルファ)態と黒色の準安定なβ(ベータ)態との二つが存在する。化学式HgS、式量232.7。[中原勝儼]

赤色硫化水銀

天然に辰砂(しんしゃ)として産し、顔料として用いられるときは朱(しゅ)という。水銀を五硫化カリウムK2S5水溶液と熱するか、黒色硫化水銀を昇華すると得られる。朱赤色結晶性粉末(六方晶系)。硬さ2~2.5。580℃で昇華する。空気中では徐々に暗色となる。水、酸に不溶。硫化アルカリ、水酸化アルカリ水溶液に難溶。王水に溶ける。顔料のほか軟膏(なんこう)として皮膚病の治療に用いられる。[中原勝儼]

黒色硫化水銀

黒辰砂として天然に産することもある。水銀()塩水溶液に硫化水素を通じて沈殿させてつくる。黒色の粉末(立方晶系)。446℃で昇華する。水、酸に不溶。硫化アルカリ水溶液にはチオ塩をつくって溶ける。水酸化アルカリ水溶液にも溶け、王水によく溶ける。[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

硫化水銀の関連キーワード「陣中膏ガマの油売り」の口上チオシアン酸アンモニウムチャイニーズレッドバーミリオン水銀化合物硫化水素コロイド黄大仙廟神仙思想錬丹術インキ口紅丹砂色彩朱肉朱漆銀朱真朱印肉真赭