朱雀門(読み)すざくもん

日本大百科全書(ニッポニカ)「朱雀門」の解説

朱雀門
すざくもん

平城宮平安宮などの宮城南面中央にある。南門ともいう。大内裏(だいだいり)の正門で、儀式や歌垣(うたがき)が行われた。朱雀門の名称は、中国の長安城に倣ったもので、もとは大伴(おおとも)門といい、これは、飛鳥(あすか)時代から天皇警護の中心であった大伴氏の名がつけられたため、とされている。平安では、東西七間で戸が五間、二階建てで、瓦葺(かわらぶ)き、鵄尾(しび)を頂き、柱は赤く塗られていた。門の警備は、左右の衛門(えもん)府が共同であたったが、のちには荒廃して、盗賊のすみかになったとか、鬼や化け物が出たなどの話が残っている。

[吉田早苗]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「朱雀門」の解説

すざく‐もん【朱雀門】

中国、長安の朱雀門にならい、平城京、平安京などにおいて、大内裏外郭南面の中央に設けられた門。二条大路に面し、朱雀大路の北端に当たる。古くは、ここで重大な儀式も行なわれた。平安京では、東西七間戸五間であった。大伴門。重閣御門。しゅじゃくもん。すざく。
※続日本紀‐天平六年(734)二月癸亥「天皇御朱雀門歌垣
※宇津保(970‐999頃)楼上上「たかきものおもしろくば、すざくもん、幡幢(はたほこ)など」

しゅじゃく‐もん【朱雀門】

(平安京など、大内裏の外郭にあった門の一つ。大内裏の南面中央にあった門。「しゅしゃくもん」とも) =すざくもん(朱雀門)
※高野本平家(13C前)一「朱雀門(シュシャクもん)より始て、応田門、会昌門、大極殿〈略〉一時がうちに灰燼の地とぞなりにける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「朱雀門」の解説

朱雀門【すざくもん】

平安宮の大内裏(だいり)の南面中央にある正門。《続日本紀(しょくにほんぎ)》によると,平城京にもその名称があったらしい。朱雀大路(おおじ)を通じて南の羅城(らじょう)門に対する。入母屋(いりもや)造の二重閣,朱塗で屋根は黒瓦ぶき,七間五戸の門とされる。
→関連項目応天門朝堂院

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「朱雀門」の解説

朱雀門
すざくもん

平城京平安京大内裏南面中央にある正門。朱雀大路から宮城への入口にあり,さらに北行すると八省院の入口である応天門に通じる。瓦ぶき2閣の門。の都長安の南面皇城門を朱雀門と呼んだのにならい,孝徳天皇 (→称徳天皇 ) の長柄豊碕 (ながらのとよさき) 宮にも建造された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「朱雀門」の解説

すざくもん【朱雀門】

〈しゅじゃくもん〉ともいう。平安宮の南面正門の名称。先行する平城宮にもその名称があったらしいが(《続日本紀》),それ以前の藤原宮では朱雀門の呼称存否は史料上では確認されていない。もともと古代日本の宮では,宮城十二門と称される12の門が宮の四周につくられていたとされ,その南面正門(中央の門)は応天門とよばれ,名称の由来古来,大伴氏が守ったためとされている。これに対して四神の一つで南を守る朱雀を冠した門の呼称は714年(和銅7)が初見で,以後《続日本紀》にみえる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の朱雀門の言及

【朱雀大路】より

…日本の古代都城において,京を東の左京と西の右京に二分する大路。平城京,平安京では京の正門羅城門と宮の正門朱雀門をつなぐ。〈しゅじゃくおおじ〉ともいう。…

【朱雀門】より

…平安宮の南面正門の名称。先行する平城宮にもその名称があったらしいが(《続日本紀》),それ以前の藤原宮では朱雀門の呼称の存否は史料上では確認されていない。もともと古代日本の宮では,宮城十二門と称される12の門が宮の四周につくられていたとされ,その南面正門(中央の門)は応天門とよばれ,名称の由来は古来,大伴氏が守ったためとされている。…

【応天門】より

…もともと大伴氏が守ったもので大伴門とも称された。平安宮の場合には,応天門の南には宮城十二門(宮城外郭にある)の一つである朱雀(すざく)門が別に存在した。ところが藤原宮の発掘成果では,朝集殿南方には宮城門(南面中央門)が一つしかないことが判明した。…

※「朱雀門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android