コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉浦大学 すぎうら だいがく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉浦大学 すぎうら-だいがく

1830-1873 幕末の尊攘(そんじょう)運動家,神職。
文政13年5月23日生まれ。甘露寺愛長(かんろじ-なるなが)の次男。遠江(とおとうみ)(静岡県)浜松諏訪(すわ)神社の神職杉浦家の養子。戊辰(ぼしん)戦争では浜松で遠州報国隊の結成に参加,取締となり,征東軍にくわわる。明治4年東京招魂社(現靖国(やすくに)神社)社司。明治6年7月6日死去。44歳。京都出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

杉浦大学の関連キーワード運動家尊攘