コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李卓吾 りたくごLi Zhuo-wu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李卓吾
りたくご
Li Zhuo-wu

[生]嘉靖6(1527).10. 福建,晋江
[没]万暦30(1602).3.15. 北京
中国,明末の思想家。名は贄 (し) 。号は卓吾,宏甫,禿翁など。初め官吏となったが,54歳で官を辞して著述に専念した。儒,道,仏の諸教に通じ,特に王学左派の影響を受けて,人間の思想,行動の根本は各自の自然心にあるという「童心説」を唱え,これをもとに,尚古的,因襲的な儒教に対し自由な,忌憚のない批判を加え,65歳の頃『焚書 (ふんしょ) 』 (6巻) を著わして世間を驚かせ,さらに 73歳のときには『蔵書』 (68巻) を著わしたが,ついに投獄され獄中で自殺した。その思想の影響は大きく,中国はもとより日本の幕末にも及んでいる。ほかに『続蔵書』 (27巻) ,『続焚書』 (5巻) ,『道古録』 (2巻) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

李卓吾【りたくご】

李贄(りし)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

李卓吾
りたくご

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の李卓吾の言及

【李贄】より

…中国,明末の思想家。福建省泉州府晋江県の人。原名は載贄,号は卓吾,宏甫(宏父),温陵居士など多数。26歳のときに郷試に合格。家庭の事情のため上級試験を断念して,30歳で河南省輝県の教諭に任官する。のち54歳まで北京,南京の国士館博士・礼部司務・南京刑部員外郎,雲南姚安府知府などを歴任したが,この後は湖北省の黄安,麻城に客寓して読書著作の生活を送った。性狷介(けんかい),妥協を嫌う李贄は官僚生活を楽しまなかったが,その間に,求道の先達同学に邂逅(かいごう)して鼓舞され,学問に情熱を燃やして〈真に生きる〉ことに邁進した。…

※「李卓吾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

李卓吾の関連キーワード三国志演義山中一夕話陽明学派孔子批判金聖嘆西廂記公安派袁中道万暦読本焦竑

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android