李卓吾(読み)りたくご(英語表記)Li Zhuo-wu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]嘉靖6(1527).10. 福建,晋江
[没]万暦30(1602).3.15. 北京
中国,明末の思想家。名は贄 (し) 。号は卓吾,宏甫,禿翁など。初め官吏となったが,54歳で官を辞して著述に専念した。,道,仏の諸教に通じ,特に王学左派の影響を受けて,人間の思想,行動の根本は各自の自然心にあるという「童心説」を唱え,これをもとに,尚古的,因襲的な儒教に対し自由な,忌憚のない批判を加え,65歳の頃『焚書 (ふんしょ) 』 (6巻) を著わして世間を驚かせ,さらに 73歳のときには『蔵書』 (68巻) を著わしたが,ついに投獄され獄中で自殺した。その思想の影響は大きく,中国はもとより日本の幕末にも及んでいる。ほかに『続蔵書』 (27巻) ,『続焚書』 (5巻) ,『道古録』 (2巻) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

中国明末の思想家、文人。名は贄(し)、卓吾は字(あざな)。王陽明の主観的な心学を極度におしすすめた結果、あらゆる世俗の権威を否定し、遂に孔子をも否定して儒家の外に出た。一般に軽視されていた小説・戯曲を好み、「水滸伝」「西廂記」などの評論にすぐれている。時の権力者にうとまれ、獄中で自殺。著「李氏焚書」「李氏蔵書」など。(一五二七‐一六〇二

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の李卓吾の言及

【李贄】より

…中国,明末の思想家。福建省泉州府晋江県の人。原名は載贄,号は卓吾,宏甫(宏父),温陵居士など多数。26歳のときに郷試に合格。家庭の事情のため上級試験を断念して,30歳で河南省輝県の教諭に任官する。のち54歳まで北京,南京の国士館博士・礼部司務・南京刑部員外郎,雲南姚安府知府などを歴任したが,この後は湖北省の黄安,麻城に客寓して読書著作の生活を送った。性狷介(けんかい),妥協を嫌う李贄は官僚生活を楽しまなかったが,その間に,求道の先達同学に邂逅(かいごう)して鼓舞され,学問に情熱を燃やして〈真に生きる〉ことに邁進した。…

※「李卓吾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android