忌憚(読み)きたん

精選版 日本国語大辞典「忌憚」の解説

き‐たん【忌憚】

〘名〙 みはばかること。遠慮すること。多く打消の語を伴って用いられる。
※江談抄(1111頃)二「昔人食鹿殊不歟」
※多甚古村(1939)〈井伏鱒二〉水喧嘩の件「忌憚のない意見をきかして下され」 〔礼記‐中庸

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「忌憚」の解説

き‐たん【忌×憚】

[名](スル)
いみはばかること。きらいいやがること。
「友達から―され軽蔑されるような人間」〈谷崎・異端者の悲しみ〉
遠慮すること。多く、否定の語を伴って用いられる。「どうぞ忌憚のないご意見を」
[類語]遠慮気兼ね心置きはばか控え目斟酌しんしゃく謹慎内輪憚る控える差し控える慎む断る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「忌憚」の解説

【忌憚】きたん

いみはばかる。遠慮する。〔中、二〕小人の中庸に反するや、~小人にして忌憚無きなり。

字通「忌」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android