コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李海朝 りかいちょう

百科事典マイペディアの解説

李海朝【りかいちょう】

朝鮮の小説家。京畿道抱川生れ。号は東濃,悦斎。自主独立・近代的教育の必要性を説く〈新小説〉の代表的存在で,代表作は《自由鐘》(1910年)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りかいちょう【李海朝 (R)I Hae‐jo】

1869‐1927
開化期朝鮮の新小説作家。京畿道抱川出身。号は東濃,悦斎。ほぼ生涯を通じて創作に従事し,《自由鐘》(1910)など啓蒙的意識が濃厚な作品約30編を残す。《自由鐘》は登場人物がすべて女性で,女性の覚醒,人権,自主独立,教育など開化期の諸問題を討論形式により展開する異色作。また《花の血》の序文と跋文には写実的描写とフィクションへの言及があり,はじめての小説論として注目される。【長 璋吉】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の李海朝の言及

【朝鮮文学】より

…20世紀初頭の開化期にあっては〈唱歌〉〈新体詩〉〈新小説〉が一世を風靡した。新小説とは,自主独立・近代的教育の必要性を説いた李人稙の《血の涙》(1906),因習打破・婦権拡張を説いた李海朝の《自由鐘》(1910)などをはじめ,社会的問題をテーマにして1916年ころまで書かれた一群の小説をさし,思想面でも文体面でも未熟ではあったが,4・4調や4・3調等で新しい社会事象をうたった唱歌,旧来の定形詩の枠を打ち破った新体詩と並んで,朝鮮に近代文学の萌芽をもたらしたものといえる。次に登場するのが李光洙崔南善(さいなんぜん)である。…

※「李海朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

李海朝の関連キーワード新小説(朝鮮文学)イヘジョ朝鮮文学李人稙

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android