コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李海朝 りかいちょう

2件 の用語解説(李海朝の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

李海朝【りかいちょう】

朝鮮の小説家。京畿道抱川生れ。号は東濃,悦斎。自主独立・近代的教育の必要性を説く〈新小説〉の代表的存在で,代表作は《自由鐘》(1910年)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りかいちょう【李海朝 (R)I Hae‐jo】

1869‐1927
開化期朝鮮の新小説作家。京畿道抱川出身。号は東濃,悦斎。ほぼ生涯を通じて創作に従事し,《自由鐘》(1910)など啓蒙的意識が濃厚な作品約30編を残す。《自由鐘》は登場人物がすべて女性で,女性の覚醒,人権,自主独立,教育など開化期の諸問題を討論形式により展開する異色作。また《花の血》の序文と跋文には写実的描写とフィクションへの言及があり,はじめての小説論として注目される。【長 璋吉】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の李海朝の言及

【朝鮮文学】より

…20世紀初頭の開化期にあっては〈唱歌〉〈新体詩〉〈新小説〉が一世を風靡した。新小説とは,自主独立・近代的教育の必要性を説いた李人稙の《血の涙》(1906),因習打破・婦権拡張を説いた李海朝の《自由鐘》(1910)などをはじめ,社会的問題をテーマにして1916年ころまで書かれた一群の小説をさし,思想面でも文体面でも未熟ではあったが,4・4調や4・3調等で新しい社会事象をうたった唱歌,旧来の定形詩の枠を打ち破った新体詩と並んで,朝鮮に近代文学の萌芽をもたらしたものといえる。次に登場するのが李光洙崔南善(さいなんぜん)である。…

※「李海朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

李海朝の関連キーワード安愚楽鍋衛氏朝鮮箕子朝鮮新小説マッケンジー北海道新幹線開化丼金史良開化派北朝鮮の鉱物資源

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone