コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杏三折 きょう さんせつ

1件 の用語解説(杏三折の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杏三折 きょう-さんせつ

1681-1740 江戸時代中期の儒者。
天和(てんな)元年生まれ。杏一洞(いつどう)の子。はじめ医学を,のち南部南山に儒学をまなぶ。享保(きょうほう)10年越中富山藩の儒者となる。伊藤東涯(とうがい)に師事。富山に講堂をたてようとしたが実現できなかった。元文5年8月死去。60歳。名は景高。号は勿庵,白翁など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

杏三折の関連キーワード天和マリア・テレジア市川団蔵秋元喬知小栗美作高橋源助松井市兵衛側用人ビジット・ジャパンJR沼津駅周辺の鉄道高架事業

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone