コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村上田長 むらかみ たおさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村上田長 むらかみ-たおさ

1838-1906 幕末-明治時代の儒者,医師。
天保(てんぽう)9年生まれ。豊前(ぶぜん)中津藩(大分県)の藩医村上春海の養嗣子儒学を中島衡平,元田竹渓にまなぶ。明治9年山口半七ら民権論の同志と田舎新聞社を創立,増田宋太郎を社長とした。のち大分尋常中学校長,大分師範校長,玖珠(くす)郡長。明治39年2月21日死去。69歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。本姓は杉全。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android