コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村内婚 そんないこん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

村内婚
そんないこん

婚姻規制の一つで,配偶者選択が同じ村落内部で優先して行われる婚姻。これに対して村落外部から優先して配偶者を選択する方法を村外婚という。村内婚は家々の経済的社会的格差が少い村落や,孤立した村落に多くみられた。特に西日本の村落では,対馬や奄美の村のように,同じ村落出身者が結婚する内婚率が 70%をこえる村落がしばしばみられた。村内婚を優先する村落では,本人が配偶者を自主的に選択する方法をとる場合が多く,またいとこ婚婿入り婚の多くは村内婚であった。村内婚を繰返し行なってきた村落では,村に親類が多く,極端な場合には村中が親類関係にあるという村もみられた。 (→内婚制 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村内婚
そんないこん

同一村落内で行われる婚姻をいい、村外婚と相対する。かつての村(むら)は独立性、封鎖性が強く、それが婚姻にも反映して村内婚が多かった。村の男女は少年期から青年期にかけてツレ、ドシ、朋輩(ほうばい)などとよばれる同輩集団を組み、集団同士の交際を展開した。土地によっては民家の一室を借りて寝宿、娘宿とし、そこを根拠に交流するものもあった。こうした交際から恋愛が生まれ、結婚へと進むのが古習であった。「よばい」も元来はこのような環境における求婚手段であった。ただ他村の若者が村の娘に近づくことは激しく拒んだ。したがって古風な村内婚では大人たちの介入が認められず、婚約・結納(ゆいのう)・祝言(しゅうげん)なども簡単に済ましたり省略したりした。婿入り婚(妻所(さいしょ)婚)も村内婚でなければ行いえなかった。また結婚が当人同士の意思によったので離婚も自由で、例も少なくなかった。ただし郷士(ごうし)や豪農の子女は例外で若者の仲間に加わらず、同程度の家格を求めて村外婚をする風であった。[竹田 旦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

村内婚の関連キーワード嫁入り婚姉女房竹田婚約宿親中宿

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android