コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内婚制 ないこんせい endogamy

翻訳|endogamy

3件 の用語解説(内婚制の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内婚制
ないこんせい
endogamy

地域的,階層的,職業的な集団にあって,婚姻をその集団内部で締結させる制度,もしくはそれを優先させる傾向をいう。 (→外婚制)  

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

内婚制【ないこんせい】

人種,部族,村,身分,宗教,職業,血縁集団など特定集団・特定階層内の通婚。貴族やカーストの社会では,内婚制が堅く守られる。→外婚制

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ないこんせい【内婚制 endogamy】

婚姻の相手を一定の集団内に求め,成員外の者との婚姻を禁ずる制度。この集団としては,カースト,親族,部族,地域集団,階級,教派,職業集団,人種集団などがある。厳密には,単にその集団内での婚姻が多く行われているというだけでなく,その内部での婚姻を義務づけるような規範が存在しているものに限定すべきであろう。この制度はよそものとの婚姻を避けるという点で排他性をもち,集団の境界を明確に意識させ団結を強める機能をもっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の内婚制の言及

【カースト】より

…かつてインド社会で広く行われていた幼児婚の風習の主たる原因はここにある。内婚制はカースト制度のなかでも最も強固な部分である。今日,都市においてこの壁が崩れる傾向が見えはじめているものの,社会的ランクの隔たったカーストの間の婚姻が成立することは,なお非常に少ない。…

※「内婚制」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

内婚制の関連キーワード外婚制族外婚族内婚ソシオグラム員外形式婚光量重縁集団ヒステリー婚姻の秘跡