村松乙彦(読み)むらまつ おとひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村松乙彦 むらまつ-おとひこ

1912-1983 昭和時代の日本画家。
大正元年9月26日生まれ。児玉希望師事。昭和16年新文展で「珊瑚礁(さんごしょう)の」が初入選。戦後は日展に出品,24年「浮嶋の朝」,26年「快晴」がともに特選となる。昭和58年10月13日死去。71歳。愛知県出身。日本美術学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android