村松善政(読み)むらまつ よしまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村松善政 むらまつ-よしまさ

1764-1817 江戸時代後期の地誌家。
明和元年生まれ。甲斐(かい)(山梨県)巨摩郡(こまぐん)熊野神社の神職。加賀美光章に国学をまなぶ。伊豆(いず)の秋山章の養子となり,「豆州志稿」編修に助力。のち帰郷して復籍。甲府勤番支配松平定能(さだよし)の「甲斐国志」編修にくわわった。文化14年3月16日死去。54歳。字(あざな)は徳而。通称は弾正左衛門。号は函陽。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android