コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村田了阿 むらた りょうあ

美術人名辞典の解説

村田了阿

俳人。名は直温、字高風、通称小左衛門、号如春・一枝堂・春枝堂等。煙草商の次男。剃髪して了阿と改める。清原雄風門。書を沢田東江に学ぶ。和歌・俳諧・狂歌・狂詩画を能くし、博学多識、国漢儒仏にも通ず。天保14年(1843)歿、72才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村田了阿 むらた-りょうあ

1772-1844* 江戸時代後期の国学者。
安永元年生まれ。江戸浅草の煙管(きせる)問屋の次男。25歳で出家して隠棲(いんせい)。和歌を清原雄風(おかぜ)に,書を沢田東江にまなぶ。和漢の書籍,仏典に通じ,小山田与清(ともきよ),柳亭種彦ら文人と交流した。天保(てんぽう)14年12月14日死去。72歳。名は直温,高風。通称は小兵衛。号は一枝堂など。著作に「考証千典」「おいまつ考」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

村田了阿

没年:天保14.12.14(1844.2.2)
生年:安永1(1772)
国学・仏学を中心とした独特の考証学者。名は高風,通称は小兵衛,了阿は法名。江戸浅草の有名な煙管問屋村田屋の次男。はやく学芸に志し,歌を加藤千蔭門の清原雄風,唐様の書を沢田東江に学ぶ。漢学・仏学の師系は定かではない。25歳で仏門に入ったのは,学問の趣味に徹するためであろう。生家の富に支えられ,一生を考証三昧に送るが,僧としての持戒にも努めた。学風は『考証千典』のような故事出典考を本領としながらも,常磐津『老松』の辞句注釈『おいまつ考』(1818)や潮来節の注釈『潮来考』のように市井風俗への興味も強く,『花鳥日記』『市隠月令』などの日記には,化政期江戸市中の生活が,手にとるように示されている。世間の流行学者をそしって「何もかも皆見たふりを四庫全書閲蔵知津 群書一覧」と詠んだ狂歌に,了阿の学問の手堅さがうかがい知られる。<参考文献>森銑三「了阿法師とその生活」(『森銑三著作集』7巻)

(中野三敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

むらたりょうあ【村田了阿】

1772~1843) 江戸後期の 国学者。江戸の生まれ。名は直温、字あざなは春山。了阿は法号。仏典・和漢の書に通じ、その博識をうたわれた。著「事物類字」「考証千典」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

村田了阿の関連キーワード岸本由豆流小沢何丸狩谷棭斎俚言集覧国学者森銑三法号春山

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android