コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村田桃隣 むらた とうりん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村田桃隣 むらた-とうりん

1734-1801* 江戸時代中期-後期の俳人。
享保(きょうほう)19年生まれ。幕臣。太白堂2代切部桃隣の門人で,3代太白堂をつぐ。芭蕉(ばしょう)百回忌に石河積翠(いしこ-せきすい)らと江戸品川の泊船寺に芭蕉堂を建立した。寛政12年12月20日死去。67歳。江戸出身。通称は政右衛門。別号漱石,大練舎,蒼園など。編著に「むかしの俤(おもかげ)」「俳諧(はいかい)田毎の日」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

村田桃隣の関連キーワード太白堂桃隣(3代)加藤桃隣享保

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android