コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

条約法に関するウィーン条約 じょうやくほうにかんするウィーンじょうやく Vienna Convention on The Law of Treaties

2件 の用語解説(条約法に関するウィーン条約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

条約法に関するウィーン条約
じょうやくほうにかんするウィーンじょうやく
Vienna Convention on The Law of Treaties

条約法に関する一般条約として 1969年に締結された条約。前文と条文 85ヵ条および付属書から成っており,国際連合のもとで締結された重要な国際法法典化条約の一つである。条約法は,条約に関する諸規則から成る国際法の一分野で,これまで慣習法として発展してきた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じょうやくほうにかんするウィーンじょうやく【条約法に関するウィーン条約】

国家間の条約に関する国際慣習法を成文化した条約。1969年国連条約法会議で採択。80年発効。ウィーン条約法条約。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の条約法に関するウィーン条約の言及

【条約】より

…しかし国際社会の発展に伴い,締結される条約は急激に増加し,その内容も多様化したために,慣習法規からなる条約法の規則では現実の発展に十分に対応できなくなった。1969年に採択された〈条約法に関するウィーン条約〉(略称ウィーン条約)はこの必要にこたえて国家間に締結される条約に関する諸規則の法典化を試みたものであり,今後の条約関係に法的枠組みを提供するものとして重要である(1980年1月27日効力発生)。 条約締結にあたっては,通常,まず,国家の権限ある代表者の間で交渉が行われ,合意が成立した段階で条約文の採択,認証(条約の文言が確定的な正文であることを承認・証明する行為),署名(調印ともいう)が行われる。…

※「条約法に関するウィーン条約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

条約法に関するウィーン条約の関連キーワード子どもの権利条約仮条約海洋法に関する国際連合条約通交条約オタワ条約海の憲法ウィーン条約法条約国際人権条約ジュネーブ諸条約と共通第3条子に対する扶養義務の準拠法に関する条約

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone