コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

来山 らいざん

世界大百科事典 第2版の解説

らいざん【来山】

1654‐1716(承応3‐享保1)
江戸前期の俳人。姓は小西,通称は伊右衛門。初号は満平,別号に十万堂,湛翁,宗無居士など。大坂の人。少年期に死別した父が宗因門の俳人だったことから,同門由平の後見を得て俳人となった。若くして法体となり,1713年(正徳3)夏,今宮に閑居豪放磊落(らいらく)な人柄であったらしい。また無類の酒好きで〈生涯醒めたる日なく〉と鬼貫の追悼文にみえる。雑俳の点業にも力を入れた。〈お奉行の名さへ覚えずとしくれぬ〉(《海陸前集》)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

来山
らいざん

小西来山」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

来山
らいざん
(1654―1716)

江戸前期の俳人。小西氏。通称伊右衛門。別号満平(みつひら)、十万堂、湛々翁(たんたんおう)、宗無居士(こじ)、未来居士など。大坂の薬種商の家に出生。西山宗因(そういん)門の前川由平(よしひら)に俳諧(はいかい)を学び、ついで宗因直門となり談林(だんりん)風の句をつくったが、元禄(げんろく)期(1688~1704)に至り、静寂な自然観照を主眼とする、蕉風(しょうふう)に近い俳風をもつようになった。また人事句も多く、酒を好み豪放磊落(らいらく)な性格で知られ、当時盛んになった雑俳の点者(てんじゃ)としても活躍した。編著に『大坂八五十韻(はちごじゅういん)』『今宮草(いまみやぐさ)』があり、追善集に『木葉古満(このはごま)』その他がある。[雲英末雄]
 行水も日まぜになりぬ虫の声
『荻野清編『元禄名家句集』(1954・創元社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

来山の関連キーワード和歌山県伊都郡かつらぎ町萩原愛知県新城市門谷志賀来スキー場風流志道軒伝垂仁天皇陵風来六部集志水盤谷井上千山唐来参和村井古道桑原老父上島鬼貫森羅万象平賀源内平松古道井上布門又の名こにし常明寺滝瓢水

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android