来期(読み)らいき

精選版 日本国語大辞典「来期」の解説

らい‐き【来期】

〘名〙
① やってくる時期。訪問の期日
※新聞雑誌‐七号・明治四年(1871)七月「彼の二氏も亦難に赴き、来期遅延せしが彌(いよいよ)今月八日来著したり」 〔姚合‐送別友人〕
② このにくる期。
※黒い眼と茶色の目(1914)〈徳富蘆花〉一「石原さんに代って来期(ライキ)から協志社の主幹となるで出京して居た」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android