コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杭州湾 コウシュウワン

3件 の用語解説(杭州湾の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうしゅう‐わん〔カウシウ‐〕【杭州湾】

中国浙江(せっこう)省東岸の湾。銭塘江(せんとうこう)が流入し、海嘯(かいしょう)が発生する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうしゅうわん【杭州湾】

浙江省、東シナ海に面する湾。銭塘江が流入し、河口付近では海嘯かいしようが見られる。湾口に舟山群島がある。銭塘湾。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杭州湾
こうしゅうわん / ハンチョウワン

中国、浙江(せっこう/チョーチヤン)省北東部にある湾。らっぱ状を呈し、典型的なエスチュアリー(三角江)である。湾奥に銭塘江(せんとうこう/チエンタンチヤン)の河口があり、外湾は王盤洋(おうばんよう)とよばれる。湾口には舟山(しゅうざん/チョウシャン)群島、(しょうし)列島が散在し中国有数の漁場である。水深が浅く干満の差が大きいため、古くから塩田が多く開かれた。また満潮には海嘯(かいしょう)の現象を生じ、急に狭くなる海寧(かいねい)付近より銭塘江の流れとぶつかり、3~4メートルの高潮が押し寄せ奇観を呈する。これが有名な銭塘潮で、毎年農暦8月18日がもっとも壮観であり、多くの観光客を集める。[林 和生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

杭州湾の関連キーワード洪昇施耐庵浙江省銭塘江下若華頂山径山寺四明山浙江浙江[省]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

杭州湾の関連情報