コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東アフリカ開発銀行 ひがしアフリカかいはつぎんこうEast African Development Bank

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東アフリカ開発銀行
ひがしアフリカかいはつぎんこう
East African Development Bank

1967年6月に調印された東アフリカ協力条約に基づき,同年 12月にケニアタンザニアウガンダ3国が参加して発足した銀行で,東アフリカ共同体の一機関。おもな任務は参加国の工業開発に対する財政的,技術的援助を促進すること。当初の資本金は1億 2000万シリング (600万イギリス・ポンド) で,タンザニアとウガンダにおのおの 38.75%を優先的に融資し,ケニアの工業化とのバランスをとることにした。本部はウガンダの首都カンパラにおかれ,運営は参加国が任命する理事 (会) によって行われる。しかし,1970年代に入ってから加盟3ヵ国の相互関係が悪化したため,事実上解体した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

東アフリカ開発銀行の関連キーワードゴダール(Jean-Luc Godard)新藤兼人森一生コーマン野村芳太郎二川幸夫増村保造ルルーシュ[各個指定]芸能部門ジャック ルヴィエ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android