コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原田淑人 はらだよしと

3件 の用語解説(原田淑人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原田淑人
はらだよしと

[生]1885.4.5. 東京
[没]1974.12.23. 東京
東洋考古学者。東京大学教授,帝室博物館鑑査官を兼務した。日本における東洋考古学の開拓者の一人であり,何回か大陸における調査を実施し,重要な資料を数多く提供した。その著『支那唐代の服飾』 (1934) をはじめ,『漢六朝の服飾』 (37) などのほか,『楽浪』『牧羊城』『東京城』などの報告書は東洋考古学の基礎となるもので,考古学に果した功績はきわめて大きいものがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原田淑人 はらだ-よしと

1885-1974 大正-昭和時代の考古学者。
明治18年4月5日生まれ。朝鮮,中国東北部などの遺跡を発掘調査し,昭和13年東京帝大教授となる。21年聖心女子大教授。とくに中国服飾史の研究にすぐれた。昭和49年12月23日死去。89歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「唐代の服飾」「漢六朝の服飾」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

はらだよしと【原田淑人】

1885‐1974(明治18‐昭和49)
考古学者。東京,神田の生れ。1908年東京帝大史学科卒。21年東京帝大助教授。38年教授となり,文学部に考古学講座を創設。46年定年退官。また,1943年帝国学士院会員。46年聖心女子大教授,72年同大名誉教授となる。1918年より朝鮮総督府古蹟調査委員として楽浪古墳の発掘などに活躍したほか,25年浜田耕作らと東亜考古学会を設立し,中国東北地区,内蒙古,華北の各地で発掘を行った。古典にも造詣深く,遺物と文献を駆使して歴史考古学の核心にせまり,とりわけ中国服飾史の分野での業績が著しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

原田淑人の関連キーワード駒井和愛チャイルド森本六爾八幡一郎鳥居竜蔵近現代考古学先史考古学大場磐雄斎藤忠《考古学者のための土器の研究》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone