コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原田淑人(読み)はらだよしと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原田淑人
はらだよしと

[生]1885.4.5. 東京
[没]1974.12.23. 東京
東洋考古学者。東京大学教授,帝室博物館鑑査官を兼務した。日本における東洋考古学の開拓者の一人であり,何回か大陸における調査を実施し,重要な資料を数多く提供した。その著『支那唐代の服飾』 (1934) をはじめ,『漢六朝の服飾』 (37) などのほか,『楽浪』『牧羊城』『東京城』などの報告書は東洋考古学の基礎となるもので,考古学に果した功績はきわめて大きいものがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原田淑人 はらだ-よしと

1885-1974 大正-昭和時代の考古学者。
明治18年4月5日生まれ。朝鮮,中国東北部などの遺跡発掘調査し,昭和13年東京帝大教授となる。21年聖心女子大教授。とくに中国服飾史の研究にすぐれた。昭和49年12月23日死去。89歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「唐代の服飾」「漢六朝の服飾」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はらだよしと【原田淑人】

1885‐1974(明治18‐昭和49)
考古学者。東京,神田の生れ。1908年東京帝大史学科卒。21年東京帝大助教授。38年教授となり,文学部に考古学講座を創設。46年定年退官。また,1943年帝国学士院会員。46年聖心女子大教授,72年同大名誉教授となる。1918年より朝鮮総督府古蹟調査委員として楽浪古墳の発掘などに活躍したほか,25年浜田耕作らと東亜考古学会を設立し,中国東北地区,内蒙古,華北の各地で発掘を行った。古典にも造詣深く,遺物と文献を駆使して歴史考古学の核心にせまり,とりわけ中国服飾史の分野での業績が著しい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android