東京応化工業[株](読み)とうきょうおうかこうぎょう

百科事典マイペディアの解説

東京応化工業[株]【とうきょうおうかこうぎょう】

半導体用フォトレジストで世界のトップ。国内シェア6割強を占める。1936年向井繁正が東京応化研究所を創業。1940年東京応化工業を設立。ブラウン管用の塗布材製造で急成長し,その後エレクトロニクス関連材料に事業展開。1960年代にフォトレジスト・メーカーに転換。印刷材料に加え半導体・液晶製造装置にも事業拡大。本社川崎市,工場宇都宮,阿蘇,御殿場ほか。2011年資本金146億円,2011年3月期売上高799億円。売上構成(%)は,材料89,装置11。海外売上比率62%。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android