東京横浜毎日新聞(読み)とうきょうよこはままいにちしんぶん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東京横浜毎日新聞
とうきょうよこはままいにちしんぶん

日本最初の日刊紙『横浜毎日新聞』を,政治結社嚶鳴 (おうめい) 社の盟主沼間 (ぬま) 守一が買受けて東京に移し,1879年 11月に改題した新聞。 82年に大隈重信立憲改進党を結成してからは,改進党嚶鳴社系の機関紙となった。 86年5月『毎日新聞』と改題。 90年5月沼間が死ぬと肥塚龍が社長となり,94年からは島田三郎が社長になった。クリスチャン正義漢だった島田のもとで,廃娼問題,足尾鉱毒事件などで進歩的筆陣を張り,日露戦争前には非戦論を唱えた (1903年 10月に転向) 。 1906年7月『東京毎日新聞』と改題したが業績ふるわず,08年 11月から『報知新聞』の傍系紙になって島田は退陣した。 11年1月の小杉天外の入社などで社運も好転したが,大正に入るとまた不振となった。 18年1月に八千代生命保険の社長小原達明の所有となり,無産者運動の新聞に変身。 21年2月からは大杉栄も編集陣に加わり,労働運動の興隆と相まって社勢を伸ばした。 23年関東大震災で壊滅した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

東京横浜毎日新聞

日本の新聞のひとつ。日本初の日刊紙「横浜毎日新聞」を嚶鳴社の沼間(ぬま)守一買収、東京に編集部を移して1879年11月に改称したもの。1886年、「毎日新聞」に改称。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android