コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東力士(あずまりきし)

3件 の用語解説(東力士(あずまりきし)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

東力士(あずまりきし)

栃木県、株式会社島崎酒造の製造する日本酒。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

あずまりきし【東力士】

栃木の粕取り焼酎。酒名は、2代目当主が無類の相撲好きだったことから命名された。地下軍需工場跡地を貯蔵庫として利用、ここで長期熟成させる。原料は清酒粕。アルコール度数25%。蔵元の「島崎酒造」は嘉永2年(1849)創業。焼酎と同名の清酒「東力士」の醸造元。所在地那須烏山市中央。

あずまりきし【東力士】

栃木の日本酒。酒名は、2代目当主が無類の相撲好きであったことから命名された。大吟醸酒「吟」、純米大吟醸酒「粋」「恵」のほか、純米吟醸酒、吟醸酒、純米酒、本醸造酒、普通酒をそろえる。平成1、2、12年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦、雪の精、美山錦、五百万石など。仕込み水那珂川の伏流水。蔵元の「島崎酒造」は嘉永2年(1849)創業。所在地は那須烏山市中央。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東力士(あずまりきし)の関連キーワード寒竹四季桜菊日本母情勲の松金虎酒文秀月力鶴冨玲

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone