コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東南アジア開発閣僚会議 とうなんアジアかいはつかくりょうかいぎ Ministerial conference for the Economic Development of Southeast Asia

3件 の用語解説(東南アジア開発閣僚会議の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東南アジア開発閣僚会議
とうなんアジアかいはつかくりょうかいぎ
Ministerial conference for the Economic Development of Southeast Asia

東南アジア地域の経済開発を促進し相互協力を強化するため,日本のイニシアチブで発足した協議機関で,1966年4月に東京で第1回会議が開かれた。会議にはこれら加盟国の代表のほかにアジア開発銀行東南アジア漁業開発センター,国連アジア極東経済委員会国連食糧農業機関などの関係機関がオブザーバーとして参加し,参加国の経済開発の現状と問題点および今後の見通しなどについて報告,討議が行われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

東南アジア開発閣僚会議

戦後日本が初めて主催した国際会議。66年4月に第1回が東京で開かれ、オブザーバーを含む9カ国が参加した。各国で第9回まで開かれたが、インドシナ情勢の流動化、東南アジア諸国連合(ASEAN)結成による求心力の低下に加え、財政支出に消極的な大蔵省などの反対で日本から具体的な援助がなかったことなどから75年の第10回が延期されたまま立ち消えになった。

(2007-08-30 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東南アジア開発閣僚会議
とうなんあじあかいはつかくりょうかいぎ
The Ministerial Conference for Economic Development of South-East Asia

日本の提唱によって発足した東南アジア諸国の開発問題担当閣僚の会議で、東南アジア地域の経済開発の促進と加盟国相互間の協力連帯の強化を図ることを目的とする。1966年(昭和41)に第1回会議が東京で開催され、その後毎年開かれたが、75年の第10回会議(シンガポール)のとき、インドシナ情勢の急変などにより中止され、それ以降開催されていない。参加国は日本、オーストラリアニュージーランドの域外先進国と、ビルマ(現ミャンマー)、カンボジアインドネシアラオスマレーシアフィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの合計12か国。具体的成果としては、東南アジア農業開発会議(1966)、東南アジア漁業開発センター(1967)、東南アジア貿易・投資・観光促進センター(1972)などの設立があげられる。[秋山憲治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東南アジア開発閣僚会議の関連キーワードコロンボ計画東南アジア条約機構アジア太平洋経済社会委員会PICA東南アジア学会東南アジア考古学会SEAFDEC(シーフデック)アジア経済研究所アジア財団コロンボ・プラン

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone