コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東名運河 とうなうんが

2件 の用語解説(東名運河の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東名運河
とうなうんが

別称野蒜 (のびる) 運河。宮城県中央部,鳴瀬川の河口の野蒜から,松島湾にいたる運河。延長約 4km。北上運河貞山堀を結んでいるが,東北本線の開通で水運は衰退,現在は舟遊び,釣場に利用されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東名運河
とうなうんが

宮城県中東部、東松島(ひがしまつしま)市にある運河。松島湾に面する東名と鳴瀬川河口の野蒜(のびる)間を結ぶ。全長約4キロメートル。野蒜と北上(きたかみ)川間を結ぶ北上運河とあわせて野蒜運河ともいう。1878年(明治11)に始まる野蒜築港と同時に開削された。野蒜から北上運河を経て石巻(いしのまき)へ、また貞山(ていざん)堀を経て仙台方面へ通じたが、築港工事の失敗により輸送路としての意義を失った。[後藤雄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の東名運河の言及

【運河】より

…中国の高郵湖,微山湖などの縁に沿う大運河はこうした例である。仙台湾に沿って造られている貞山堀,東名運河,北上運河なども,風浪を避けたものである。 人工的に新たに開削した運河であれ,自然河川を航路化した運河であれ,運河の死命を決するのは水量であり,水量が不足する場合は貯水池などを造って補給し,また,閘門に節水池などを設けて水量の節約を行っている。…

※「東名運河」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

東名運河の関連キーワードパナマ地峡野蒜運河野蒜生延びる落延びる沢蒜ビルテルム宮城県石巻市中央宮城県宮城郡利府町中央宮城県東松島市野蒜

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone