コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東山文庫 ひがしやまぶんこ

百科事典マイペディアの解説

東山文庫【ひがしやまぶんこ】

京都御所内の北東部に位置する皇室の文庫。江戸時代前期の良質の写本を中心とする。その伝統は遠く室町期以前からとされているが,たびたびの火災焼失,現在のものは後西(ごさい)天皇(在位1654年―1663年)以後のもの。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東山文庫
ひがしやまぶんこ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

東山文庫の関連キーワード史料編纂所東山御文庫関屋貞三郎作文大体

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android