コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東条就頼 とうじょう なりより

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東条就頼 とうじょう-なりより

1607-1670 江戸時代前期の武士。
慶長12年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。慶安元年吉敷郡(よしきぐん)小郡(おごおり)宰判の代官となり,嘉川(かがわ),白松,岐波(きわ),鋳銭司(すぜんじ)などの各村で開拓につとめ,新田をひらき,用水池をきずいた。寛文10年11月3日死去。64歳。周防(すおう)(山口県)出身。本姓は須子。通称は三郎右衛門,のち九郎右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

東条就頼の関連キーワードマルケスベンティボリオ北条氏長RGBクレメンス10世宗因ラファイエット夫人RGB石川善右衛門石川善右衛門

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone