コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東益之 とう ますゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東益之 とう-ますゆき

1376-1441 室町時代の武将,歌人。
永和2=天授2年生まれ。東師氏(もろうじ)の養子。美濃(みの)(岐阜県)篠脇城主。飛鳥井雅世(あすかい-まさよ)らと親交があった。永享12年結城氏朝(ゆうき-うじとも)の挙兵(結城合戦)の仲間との疑いで周防(すおう)(山口県)に流される。のちゆるされ帰郷の途中,嘉吉(かきつ)元年4月3日に死去。66歳。初名は胤綱。法名は素明。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

東益之の関連キーワード正宗竜統室町時代東常緑東常縁東氏数

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android