東遊運動(読み)とうゆううんどう(英語表記)Dong-you yun-dong; Tung-yu yün-tung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東遊運動
とうゆううんどう
Dong-you yun-dong; Tung-yu yün-tung

20世紀初頭に起ったベトナム青年の日本留学促進運動。ベトナム独立運動の志士ファン・ボイ・チャウが日本の近代化に学ぶため,1907年5月,16人の留学生を連れて来日した。その後留学生は急増し,一時は 200人以上が東京に滞在したが,フランスの妨害により相次いで帰国を余儀なくされ,運動は挫折した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

とうゆううんどう【東遊運動】

一九世紀末ベトナムに起こった近代化運動。知識人たちがフランス支配からの脱却をめざし、東方(日本)へ留学。トンズー運動。

トンズーうんどう【東遊運動】

東遊とうゆう運動

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の東遊運動の言及

【ドンズー運動】より

…20世紀初め,ベトナム人青少年を日本に遊学させようという運動。漢字では〈東遊運動〉と書く。ベトナムは19世紀後半以降,フランスの植民地と化したが,抗仏闘争は続けられた。…

※「東遊運動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android