コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日仏協約 にちふつきょうやく

3件 の用語解説(日仏協約の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

にちふつきょうやく【日仏協約】

1907年(明治40)6月、パリで調印された日本・フランス間の協約。アジアにおける日仏相互の勢力範囲の確認などを約した。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にちふつきょうやく【日仏協約】

1907年6月10日,パリで駐仏日本大使栗野慎一郎フランス外務大臣S.ピションの間で調印された日本,フランス両国のアジアにおける相互の利益と安全を保護するための条約。〈両締約国カ主権,保護権又ハ占有権ヲ有スル領域ニ近邇セル清帝国ノ諸地方ニ於テ秩序及平和事態ノ確保セラルルコトヲ特ニ顧念スルニ依リ両締結国ノ亜細亜大陸ニ於ケル相互ノ地位竝領土権ヲ保持セムカ為前記諸地方ニ於ケル平和及安寧ヲ確保スルノ目的ニ対シ互ニ相支持スルコト〉を約した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日仏協約
にちふつきょうやく

フランスからの対日提議を受けて1907年(明治40)6月10日パリで締結された協約。20世紀初頭から第一次世界大戦に至る間の列強の領土分割政策の一環。清(しん)国の独立・領土保全、日仏相互勢力範囲の確認などを約し、フランス領インドシナに関する宣言書も調印された。日本はフランス資本の対日投資を期待したが、フランスは対露戦勝国日本に接近して、日露両国の和解を策しつつ、同時にドイツの極東進出を阻止しようとした。本協約は、日英同盟(1902)、日露協約(1907)とともに、英仏露三国協商と独墺(おう)伊三国同盟の対立をアジアにまで拡大する結果となった。太平洋戦争勃発(ぼっぱつ)時まで存続した。[小林幸男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

日仏協約の関連キーワード複成片麻岩内褶曲新派劇オスメーニャエンデカッペンクラーク塚原渋柿園綱島梁川朴泳孝ブッセ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日仏協約の関連情報