コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋栄二 きねや えいじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杵屋栄二 きねや-えいじ

1894-1979 大正-昭和時代の長唄三味線方。
明治27年2月15日生まれ。3代清元太兵衛(きよもと-たへえ)の子。3代杵屋栄蔵の門弟。長年歌舞伎の長唄立三味線をつとめ,ばちさばきの名人とうたわれる。「楊貴妃」「井筒」などの作曲の一方,「業平(なりひら)」「朱鍾馗(しゅしょうき)」など古典の復活にもつくし,「栄二・三絃譜」を刊行。昭和39年人間国宝。昭和54年3月10日死去。85歳。東京出身。本名は藤間吉太郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

杵屋栄二の関連キーワード[各個指定]芸能部門鳥羽屋里長(7代)清元梅吉(初代)杵屋 栄津五郎日吉小三八柏 伊三雄杵屋 栄二昭和時代

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android