コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松下康雄 マツシタヤスオ

2件 の用語解説(松下康雄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まつした‐やすお〔‐やすを〕【松下康雄】

[1926~ ]官僚・銀行家。兵庫の生まれ。大蔵省で主計局長や事務次官を歴任。退官後は太陽神戸銀行の頭取となり三井銀行との合併を実現した。平成6年(1994)日本銀行総裁となるが、平成10年(1998)職員の接待汚職事件により引責辞任

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松下康雄 まつした-やすお

1926- 昭和後期-平成時代の官僚,経営者。
大正15年1月1日生まれ。昭和25年大蔵省にはいる。主計局長をへて,57年事務次官となり,財政再建にあたる。61年太陽神戸銀行にはいり,翌年頭取。平成2年三井銀行との合併を実現し,太陽神戸三井銀行(のちさくら銀行,現三井住友銀行)会長。6年日本銀行総裁。10年幹部職員の接待汚職事件で引責辞任。兵庫県出身。東大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松下康雄の関連キーワード大正天皇昭和イギリス映画小作争議文芸時代アパート猪熊弦一郎円本大河内伝次郎ピストン

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松下康雄の関連情報