松井今朝子(読み)マツイケサコ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松井今朝子 まつい-けさこ

1953- 平成時代の小説家。
昭和28年9月28日生まれ。早大大学院修士課程修了後,松竹に入社。松竹退社後,武智鉄二に師事して歌舞伎の脚色・演出・評論をてがける。平成9年「東洲しゃらくさし」で作家デビュー。同年「仲蔵狂乱」で時代小説大賞。19年吉原の花魁(おいらん)失踪の謎をとく時代小説「吉原手引草」で直木賞。京都出身。作品はほかに「奴の小万と呼ばれた女」「似せ者」,編著に「デジタル歌舞伎エンサイクロペディア」(CD-ROM)など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松井今朝子の関連情報