コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仲蔵狂乱 なかぞうきょうらん

世界大百科事典 第2版の解説

なかぞうきょうらん【仲蔵狂乱】

歌舞伎舞踊。長唄。1784年(天明4)11月江戸桐座で,初世中村仲蔵の出羽郡司小野良実により初演。本名題《狂乱雲井袖(きようらんくもいのそで)》。作詞初世瀬川如皐,作曲初世杵屋正次郎,振付2世西川扇蔵顔見世狂言《重重人重小町桜(じゆうにひとえこまちざくら)》の一番目大詰に作られ,小野小町の難を救うため,上使の前で偽の狂乱を見せる小町の父良実を舞踊化したもの。所作事の名人仲蔵が演じたところから《仲蔵狂乱》と呼ぶ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

デジタル大辞泉の解説

なかぞうきょうらん〔なかザウキヤウラン〕【仲蔵狂乱】

松井今朝子の時代小説。歌舞伎役者中村仲蔵の波乱の生涯を描く。平成9年(1997)、第8回時代小説大賞を受賞、翌年刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

仲蔵狂乱の関連キーワード杵屋正次郎(初代)瀬川如皐(1世)歌舞伎舞踊志賀山流狂乱物

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android