コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仲蔵狂乱 なかぞうきょうらん

1件 の用語解説(仲蔵狂乱の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

なかぞうきょうらん【仲蔵狂乱】

歌舞伎舞踊。長唄。1784年(天明4)11月江戸桐座で,初世中村仲蔵の出羽郡司小野良実により初演。本名題《狂乱雲井袖(きようらんくもいのそで)》。作詞初世瀬川如皐,作曲初世杵屋正次郎,振付2世西川扇蔵顔見世狂言《重重人重小町桜(じゆうにひとえこまちざくら)》の一番目大詰に作られ,小野小町の難を救うため,上使の前で偽の狂乱を見せる小町の父良実を舞踊化したもの。所作事の名人仲蔵が演じたところから《仲蔵狂乱》と呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

仲蔵狂乱の関連キーワード歌舞伎舞踊鷺娘三番叟物汐汲手習子紅葉狩羽根の禿外記猿歌舞伎唄歌舞伎狂言

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仲蔵狂乱の関連情報