コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松井佳一 まつい よしいち

2件 の用語解説(松井佳一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松井佳一 まつい-よしいち

1891-1976 昭和時代の水産学者,遺伝学者。
明治24年2月20日生まれ。兵庫県水産試験場長,日本真珠研究所長などをへて,昭和33年近畿大教授となり,水産学科を新設。金魚の遺伝学的研究で知られた。昭和51年4月17日死去。85歳。山口県出身。農商務省水産講習所卒。著作に「日本の金魚」「日本の水産業」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松井佳一
まついよしいち
(1891―1976)

水産学者、魚類遺伝学者。山口県に生まれる。1917年(大正6)農林省水産講習所本科、研究科卒業。愛知県水産試験場、水産講習所技師、その間メキシコの水産技術顧問として国際協力、1938年(昭和13)兵庫県水産試験場長。1946年(昭和21)日本真珠研究所を創設、同所長。1958年京都大学理学部講師を兼ね近畿大学農学部教授、同白浜臨海実験所所長となり、近畿大学に水産学科を新設。また、瀬戸内海連合海区や京都府海区の漁業調整委員を務め、国際学会でも活躍して、第二次世界大戦後の水産業と教育の振興に貢献する。研究業績は淡水魚や真珠など広範囲にわたるが、なかでも『日本産金魚の遺伝学的研究』(1934)は世界的に有名である。この論文により水産講習所卒で最初に農学博士を授与された。著作も活発で、『金魚大鑑』(1968)、『真珠の事典』(1965)など著書多数。また、キンギョに関する内外の文献のほか、希書、書画骨董(こっとう)の収集家である。[小嶋吉雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松井佳一の関連キーワード雨宮育作伊谷以知二郎庵原順一今井丈夫大谷武夫田内森三郎武田志麻之輔橋本芳郎檜山義夫松生義勝

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone