コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松井河楽 まつい からく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松井河楽 まつい-からく

1643-1728 江戸時代前期-中期の儒者。
寛永20年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)山崎藩池田家につかえたが,延宝6年池田家の断絶で浪人となり江戸にでた。のち備前岡山藩の池田光政,綱政につかえ,藩校学監となった。享保(きょうほう)13年死去。86歳。名は良直。通称は七右衛門。別号に可楽。著作に「詩法要略」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松井河楽の関連キーワードルイルイフランス史(年表)ヒューム(Lord Kames Henry Home)米村広治理容皇太極皇太極セーリスニューイングランド連合

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone