コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松倉米吉 まつくら よねきち

1件 の用語解説(松倉米吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松倉米吉 まつくら-よねきち

1895-1919 明治-大正時代の歌人。
明治28年12月25日生まれ。高等小学校を中退し,上京して鍍金(めっき)工場などではたらきながら,古泉千樫(こいずみ-ちかし)に師事し「アララギ」に入会。労働者の生活体験をうたい,貧窮のなか,大正8年11月25日病死。25歳。新潟県出身。遺稿集に「松倉米吉歌集」。
【格言など】親方の仕事のはたにうづくまり蚊遣いぶして吾が居りにける(「松倉米吉歌集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

松倉米吉の関連キーワード中河幹子丸岡桂香川不抱木村芳雨蕨真佐藤嘲花真下飛泉松井源水(16代)松村鬼史門間春雄

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone