コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松倉米吉 まつくら よねきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松倉米吉 まつくら-よねきち

1895-1919 明治-大正時代の歌人。
明治28年12月25日生まれ。高等小学校を中退し,上京して鍍金(めっき)工場などではたらきながら,古泉千樫(こいずみ-ちかし)に師事し「アララギ」に入会。労働者の生活体験をうたい,貧窮のなか,大正8年11月25日病死。25歳。新潟県出身。遺稿集に「松倉米吉歌集」。
【格言など】親方の仕事のはたにうづくまり蚊遣いぶして吾が居りにける(「松倉米吉歌集」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松倉米吉の関連キーワード早川 幾忠松倉 米吉米田 利昭早川幾忠高田浪吉古泉千樫

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android