コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淀江 よどえ

2件 の用語解説(淀江の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

淀江
よどえ

鳥取県西部,米子市北東部の旧町域。美保湾に臨む。 1889年町制。 1955年大和村,宇田川村,高麗村の一部と合体。 2005年米子市と合体。町域は大山寄生火山孝霊山 (751m) の西斜面と米子平野東部からなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

淀江
よどえ

鳥取県西部、西伯(さいはく)郡にあった旧町名(淀江町(ちょう))。現在は米子(よなご)市の東部を占める地区。旧淀江町は1889年(明治22)町制施行。1955年(昭和30)大和(やまと)、宇田川(うだがわ)の2村、高麗(こうれい)村の一部と合併。2005年(平成17)3月米子市に合併。日本海に沿ってJR山陰本線、国道9号が、西部を国道431号が通じ、大山(だいせん)町域の山陰自動車道淀江インターチェンジが近い。弓ヶ浜に続く砂堆(さたい)は動力灌漑(かんがい)によって畑地化し、葉タバコやニンジンの集団産地となっている。孝霊(こうれい)山(751メートル)は古期大山と同時期の火山で、大山との山競(やまくらべ)の伝承がある。西麓(せいろく)には約360の古墳(うち28が前方後円墳)が密集し、うち岩屋古墳、石馬谷(いしうまだに)古墳のある向山(むこうやま)古墳群、大山町域にまたがる妻木晩田(むきばんだ)遺跡は国指定史跡。水田帯の条里遺構の下層からは高床(たかゆか)の建物を線刻した弥生(やよい)中期の土器、上淀廃寺跡(国指定史跡)、石馬谷古墳からは本州唯一の石馬(国の重要文化財)などが出土している。これら出土遺物の一部は上淀白鳳の丘展示館で収納・展示している。中心集落の淀江は、近世は宿駅、また廻米(かいまい)積出し港であった。付近には鳥取藩の淀江台場跡(国指定史跡)がある。米作のほかニンジン、二十世紀ナシ、葉タバコ栽培があり、かつては淀江傘の特産地。民謡さんこ節(ぶし)や名水天(あめ)の真名井(まない)などが知られている。[岩永 實]
『『淀江町史稿本』(1978~1979・淀江町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

淀江の関連キーワード鳥取県米子市青木鳥取県米子市泉鳥取県米子市内町鳥取県米子市尾高鳥取県米子市車尾鳥取県米子市新開鳥取県米子市永江鳥取県米子市中町鳥取県米子市福市淀江〈町〉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

淀江の関連情報