コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松原葆斎 まつばら ほうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松原葆斎 まつばら-ほうさい

1825-1898 幕末-明治時代の儒者。
文政8年生まれ。信濃(しなの)(長野県)松本藩儒医松原素庵の子。野田笛浦(てきほ),安積艮斎(あさか-ごんさい)に師事,のち昌平黌(しょうへいこう)にまなび,藩儒をつとめる。維新後,松本中学などで漢学をおしえた。明治31年死去。74歳。名は衢(ちまた)。字(あざな)は何天。通称は恕平。別号に約軒。
【格言など】士たるものすべからく名節を砥(と)ぎ磨(みが)くべし(門人への教え)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松原葆斎の関連キーワード野田笛浦斎藤順

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android