松屋久政(読み)まつや ひさまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松屋久政 まつや-ひさまさ

1521-1598 戦国-織豊時代の商人,茶人。
大永(たいえい)元年生まれ。大和奈良の塗師(ぬし)松屋の3代。千利休と親交があり,珠光流(じゅこうりゅう)茶道の伝承者とされた。天正(てんしょう)15年豊臣秀吉の北野大茶会に奈良三十六衆のひとりとして参会。天文(てんぶん)2年3月20日茶会記「松屋会記」を起筆した。慶長3年4月4日死去。78歳。姓は土門。通称は漆屋源三郎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松屋久政

没年:慶長3.4.4(1598.5.9)
生年:大永1(1521)
安土桃山時代の茶人。通称源三郎。奈良の手貝郷に住む裕福な塗師の家に生まれ,若き日から茶の名人を訪ね,その茶会の記録『松屋会記』を書き残した。そのなかには武野紹鴎 や千利休の記事もあり,初期の茶の湯を知る貴重な史料である。松屋は村田珠光の茶風を伝承する家とされ,いわゆる松屋三名物(徐煕の鷺の絵,松屋肩衝,存星の盆)を所持することでも著名であった。子孫の久好,久重も茶人として活躍し,松屋の伝承を整理して久重が『茶湯秘抄』『茶道四祖伝書』などの茶書を残した。<参考文献>永島福太郎「松屋研究」(『茶道雑誌』1954年5月号~1955年3月号),同校訂『松屋会記』(茶道古典全集9巻)

(熊倉功夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android