コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松山善三 マツヤマゼンゾウ

デジタル大辞泉の解説

まつやま‐ぜんぞう〔‐ゼンザウ〕【松山善三】

[1925~2016]脚本家・映画監督。兵庫の生まれ。川島雄三監督「接吻泥棒」、渋谷実監督「好人好日」などの脚本を手がけたのち、「名もなく貧しく美しく」で監督デビュー。代表作は、農村で生きる強い女性の姿を追った「母」、松谷みよ子原作のメルヘンふたりのイーダ」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松山善三 まつやま-ぜんぞう

1925- 昭和後期-平成時代の映画監督,脚本家。
大正14年4月3日生まれ。昭和23年松竹大船撮影所に入社,木下恵介にみとめられる。30年高峰秀子と結婚。「人間の条件」などの脚本を担当。36年「名もなく貧しく美しく」で監督デビュー,「われ一粒の麦なれど」「典子は,今」などを発表する。63年ミュージカルショップを設立。兵庫県出身。岩手医専(現岩手医大)中退。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松山善三の関連キーワード個人メドレー山本美月佐達ももこ谷戸亮太桜田通高橋優藤原さくら横山芽生中田青渚大里莉楠

松山善三の関連情報