松山善三(読み)マツヤマゼンゾウ

デジタル大辞泉の解説

まつやま‐ぜんぞう〔‐ゼンザウ〕【松山善三】

[1925~2016]脚本家・映画監督。兵庫の生まれ。川島雄三監督「接吻泥棒」、渋谷実監督「好人好日」などの脚本を手がけたのち、「名もなく貧しく美しく」で監督デビュー。代表作は、農村で生きる強い女性の姿を追った「母」、松谷みよ子原作のメルヘンふたりのイーダ」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松山善三 まつやま-ぜんぞう

1925- 昭和後期-平成時代の映画監督,脚本家。
大正14年4月3日生まれ。昭和23年松竹大船撮影所に入社,木下恵介にみとめられる。30年高峰秀子と結婚。「人間の条件」などの脚本を担当。36年「名もなく貧しく美しく」で監督デビュー,「われ一粒の麦なれど」「典子は,今」などを発表する。63年ミュージカルショップを設立。兵庫県出身。岩手医専(現岩手医大)中退

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松山善三の関連情報