コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松岡修造 まつおかしゅうぞう

2件 の用語解説(松岡修造の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

松岡修造

日本の元プロテニス選手、テニス指導者。1967年11月6日、東京都生まれ。父は東宝第11代社長で国内テニストップ選手の一人だった松岡功、母は宝塚元男役スターの千波静。10歳の頃からテニスを始め、慶應義塾中等部2年生の時に「全国中学生テニス選手権大会」で優勝。85年には、高校を中退し米国フロリダ州タンパにテニス留学する。86年、プロに転向した。88年1月「全豪オープン」に初出場。同年8月「全米オープン」で4大大会でのシングルス初勝利を挙げた。同年9月「ソウルオリンピック」に出場。89年「BP国際選手権」で初のツアーシングルス準優勝。その後、故障に悩まされ選手生命も危ぶまれたが、91年にツアー復帰。92年「韓国オープン」で日本男子選手で初となるATPツアーシングルス優勝を達成した。同年6月「クイーンズ・クラブ選手権」で準優勝し、世界ランキング46位(自己最高)を記録。95年の「ウィンブルドン選手権」では、日本人男子として62年ぶりとなるベスト8に進出した。翌96年には五輪3大会連続となる「アトランタオリンピック」出場を果たす。98年、30歳で現役引退。生涯通算成績は173勝207敗、ツアー通算2勝。引退後は、ジュニア育成や日本テニス協会の理事を務める一方、スポーツキャスタータレントとしても活躍している。

(2014-9-10)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

松岡修造

日本の元男子プロテニス選手。現在はテニスの指導者、解説者、キャスター。
1967年11月6日生まれ、東京都出身。身長188センチメートル、体重85キログラム。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。映画製作・配給会社東宝の現名誉会長で、大学時代にはテニスのデビスカップ日本代表でもあった松岡功の次男として生まれる。兄は、現東宝東和株式会社代表取締役社長の松岡宏泰。
10歳で本格的にテニスを始め、84年、高校2年時に、福井烈らを輩出しているテニスの名門校、福岡県の柳川高校に編入。その年のインターハイでは、シングルス、ダブルス、団体を制し、高校三冠を達成した。
85年、世界的な名コーチであるボブ・ブレットに見出され、柳川高校を中退してアメリカ、フロリダ州タンパに渡り、ハリーホップマン・キャンプでトレーニングを積んだ。86年、現地のパーマーアカデミーハイスクールを卒業後プロに転向。
88年1月、全豪オープンでグランドスラムシングルスに初出場。トッド・ウィトキンにセットカウント1-3で破れ1回戦敗退したが、同年4月のジャパンオープンでは準々決勝まで進出し、ジョン・マッケンローとの対戦には敗れたものの、若手日本人テニス選手として印象を残した。この年末にATPツアー・シングルス世界ランキング82位となり、念願の世界のトップ100入りを果たす。
しかし、89年に膝を痛め、2度の手術を受ける。復帰後の90年には足首靭帯の損傷など故障が続き、ランキングも100位以下に低迷した。91年、当時のトップ選手の1人ピートサンプラスに勝利。翌92年4月には、KALカップで日本人男子として初めてATPツアー(世界男子テニスツアー)優勝を飾り、この年のランキングは自己最高の46位を記録した。また、95年のウィンブルドン(全英オープン)では、日本人男子選手として62年ぶりにベスト8入りを果たした。
98年4月、30歳でプロツアー引退。ジュニアの育成とテニス界の発展を目指したプロジェクト「修造チャレンジ」を設立し、テニスクリニックを全国で展開するなどの活動を行っている。18歳以下の男子ジュニア選手を対象とした「トップジュニアキャンプ」には、過去に錦織圭も参加している。
また、テレビ番組等のキャスターとして活躍し、北京オリンピックでは、JOC公認の日本選手応援団長にも任命された。

(葛西奈津子 フリーランスライター/2015年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松岡修造の関連キーワード男子プロテニス協会サンプラスランラン全米オープンテニス選手権大会プロテニス選手協会全英テニス選手権大会テニスの日石黒修国際ローンテニス選手権日本ソフトテニス連盟

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松岡修造の関連情報