コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松岡荒村 まつおか こうそん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松岡荒村 まつおか-こうそん

1879-1904 明治時代の詩人,評論家。
明治12年5月8日生まれ。同志社中学時代,安部磯雄(あべ-いそお)に師事。明治36年早大に入学し,社会主義協会に参加,詩・評論を「社会主義」に発表した。明治37年7月23日結核で死去。26歳。遺稿集「荒村遺稿」は「君が代」批判のため発禁となった。熊本県出身。本名は悟(さとる)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松岡荒村

没年:明治37.7.23(1904)
生年:明治12.5.8(1879)
明治時代の詩人,評論家,社会活動家。熊本県八代生まれ。本名悟。同志社尋常中学校,高等学部卒業。北村透谷に私淑する一方,明治34(1901)年,田中正造の足尾鉱毒事件直訴に感銘を受け,社会問題に関心を持つ。翌年,岐阜の濃飛育児院に赴任。志知文子と結婚。36年,上京し,早大高等予科入学,同時に安部磯雄の社会主義協会に加盟,雑誌『社会主義』に詩と評論を発表する。抒情的作品のほかに,様々な社会,政治の問題を浪漫的な作風で歌ったのが特徴である。徴兵検査のため帰郷したが,すでに結核に侵されており,夭折。<著作>『荒村遺稿』<参考文献>『近代詩集Ⅰ』(日本近代文学大系53巻)

(及川茂)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

松岡荒村の関連キーワード西川 文子西川文子