松島善海(読み)まつしま ぜんかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松島善海 まつしま-ぜんかい

1855-1923 明治-大正時代の僧。
安政2年6月2日生まれ。父松島善譲にまなび,生家の浄土真宗本願寺派照雲寺の学寮信昌閣でおしえる。明治36年勧学となり,のち本願寺顧問,同執行長,竜谷大財団理事長などを歴任。大正12年3月23日死去。69歳。豊前(ぶぜん)蠣瀬(かきぜ)村(大分県)出身

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android