コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平信之 まつだいら のぶゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平信之 まつだいら-のぶゆき

1631-1686 江戸時代前期の大名。
寛永8年生まれ。松平忠国の次男。万治(まんじ)2年播磨(はりま)(兵庫県)明石(あかし)藩主松平(藤井)家2代となる。延宝7年大和(奈良県)郡山(こおりやま)藩主。貞享(じょうきょう)2年老中となり,下総(しもうさ)古河(こが)(茨城県)9万石に転封(てんぽう)となった。熊沢蕃山(ばんざん)を儒臣として庇護(ひご)した。貞享3年7月22日死去。56歳。通称は次郎四郎。日向守。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平信之の関連キーワード木部四郎右衛門松平忠之松平信通

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android