コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平信光 まつだいらのぶみつ

2件 の用語解説(松平信光の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松平信光
まつだいらのぶみつ

[生]?
[没]長享2(1488).7.22.
室町時代の武将。和泉守。泰親の子 (実は泰親の兄親氏の子) 。三河の3分の1を平定し松平氏の基礎を築いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平信光 まつだいら-のぶみつ

?-1488 室町時代の武将。
松平泰親(やすちか)(一説に親氏(ちかうじ))の子。応永28年三河(愛知県)岩津の中根大膳を討ち,本城と周囲に七つの砦をきずく。室町幕府政所(まんどころ)執事伊勢貞親(さだちか)の家臣となり,のち安城(祥)城,岡崎城も攻略。庶子7人を各地に配置し,松平氏発展の基盤をつくる。長享2年7月22日死去。享年は76歳,86歳ほか諸説がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の松平信光の言及

【松平氏】より

…中世後期の三河国の有力武士で,惣領家は1566年(永禄9)徳川と改姓して江戸時代の将軍家となり,一族は大名,旗本となった(図)。
[松平氏の発祥]
 江戸幕府公認の松平氏発祥譚では,清和源氏新田氏の庶家徳川氏の末裔は,足利氏の迫害のため,本貫の地上野国新田郡徳川郷を退去して時宗の僧となって諸国を流浪し,親氏(ちかうじ)の代に三河国加茂郡松平郷の土豪松平氏の娘婿となったのが,源姓松平氏のはじまりで,9代の後裔家康の代に〈復姓〉したという。…

※「松平信光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松平信光の関連キーワード松平親忠意雲菊池為邦細川政之松平親氏松平親則松平乗元松平光親松平泰親横瀬国繁

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone